ブログトップ
タグ:まんが ( 7 ) タグの人気記事
かいもの。
ネット上での知り合いの方が連載していた漫画が此度単行本となりまして、
こりゃ是非とも買わねばと意気込み先日五反田の本屋に立ち寄ったのですが、
入店したところで「自分は何を買いにここに来たのだろう」
と頭を悩ませる事態に陥りました。
何かを買いにきたこと自体は覚えているのでフラフラと店内を徘徊していると、
気づけば手元に数冊本が積まれているわけですよ。
そのまま何を買うんだったんだろうと考えながら会計を済ませ、
家に帰ってネット上でその人の名前を見かけてようやく
「ああ、おれこの人の本買うつもりだったんだ」と思い至るのです。

別にこういったことは今に始まった訳ではないのですが、
これはいささかヤバイぞ、と思い手帳の隅っこに「買うものリスト」を記すことにしたのです。
「かみてか」
夜は短し歩けよ乙女
と。
で、翌日また仕事帰りに本屋に寄り、おもむろに手帳を開くのですが、
「かみてか」がみつからないので店員さんに聞く。
「すいません、○○社の漫画単行本で、かみてかというのはありますか?」
-----正式タイトル:オオカミの手かします!-----
…………
そんなこんなで目的の2冊とも入手したのですが、
レジにいくころには4冊になってるのは気のせいですかね。

一月分読んだ(読んでる)本
化物語(下):西尾維新:講談社
刀語(1):西尾維新:講談社
西尾維新クロニクル:講談社
パーフェクトワールド(1):清涼院流水:講談社
DDD(1):奈須きのこ:講談社
ピーターパン・エンドロール:日日日:新風舎
xxxHolic(10):CLAMP:講談社
GUNSMITH CATS BURST(3):園田健一:講談社
現代視覚文化研究:三才ブックス
言いまつがい:糸井重里:新潮社
あといろいろ。

ちなみにここ数ヶ月どこの本屋に行っても
森博嗣の「すべてがfになる」がないんですよね。
四季シリーズとか最近のはあるんだけど。
やっぱ読むなら最初から追いかけて読んで行きたい気がする。
「マリア様がみてる」は毎回新刊買ってるけど話が短いせいか
いつでも読めるや、となって結局最近の5冊を読んでなかったり。
瞳子がえらいことになってるらしいですが果たして、、、?

ゲーム:
龍が如く2がようやく十三章です。
世界樹の迷宮はなかなか先にすすめません。
錬金術師をパーティに組まなかったのがまずったか。
メタルギアソリッドPOPSはPSPを修理するためプレイ不可能。
[PR]
by dancingflower | 2007-01-31 19:43
あけましておめでとうございます&冬コミ71。27さいになったぼくに愛の手を。
あけましておめでとうございます。
新年を迎え、
西暦の上二桁+下二桁=年齢
の私も27歳になりました。
27と聞くと流石にオッ○ンなカンジがするけど
そこはそれでいつまでも
「心は20歳」
でいこうと思います。
今年も宜しくお願いいたします。

▼冬コミ1日目 12月29日
もうコピーすら無理だよーとか嘆いている最中
大阪からたけのこが届く。
とりあえず会場を彼に任せ、
おれ必死に原稿を(無理矢理)まとめる。

一時に到着とかぬかしといて
二時に到着、
ジャンルの都合上、周りは女性しかいない空間で
エロ原稿を描くことになったたけのこ先生お疲れ様です。
隣のサークルのかたがたもありがとうございました!
スペースにはうにさん、すななさん、ak2夫妻もいらしてました。
みな開口一番挨拶よりも
おれの着ているエナメルのジャケットをみて
「なんじゃそのテカテカ!気合はいりすぎやろ!」
といってくれました。
スペースに自分のいない間、
何人かきてくだすってたようでして、
いなくて&本お渡しできず申し訳ございませんでした!

一日目終了後、IRCの面子(以下敬称略です)
ほた、赤人、DSKE、すりむ、たけのこ、幻視、すなな、
大和狸、ばびごん、米倉きひろ、にわちょ、ak2夫妻、本間ななな、吉玉一櫻、桜庭雅、こひゃ、いけだかなめ(以上敬称略)
総勢18名にて池袋で呑む。
やはり「テカテカ」と指摘を受ける。
ひさびさに会うヨシタマンは相変わらず良し玉でした。
幹事のほたさんお疲れ様でした!
呑み後、半数は好例の徹夜カラオケへ、
自分は翌日仕事があるので途中からカラオケルームで爆眠。
スガー。

▼冬コミ2日目 12月30日
カラオケから帰宅後、
家を人を迎える仕様に模様替えした後に
昼から出勤し、お仕事。
PG氏が
「明日は午前中だけでもコミケいくもんね!」
と意気込む。

23時頃帰宅、
家にはたけのこ氏、赤人氏、にわちょ氏、
今日から泊まるFBC&ピアイ才兄弟がすでに鎮座。
どうでもいいけどにわちょさん電話の向こうで
「ギャッギャッギャッ」って笑うのやめてください(´∀`;)
部屋ではFBC単行本発売記念サイン会が行われていました。
おれは本を買えなかったのでおあずけ、、!
く、く、くそう!
新宿に無いてどないやねん!
ランブルローズにFBC兄弟が大ハマリ。
「これは帰ったら360もかわんとな、、、!」
そこまで! Σ(´∀`)
むしろいままでこのソフト見せて
そこまでくいついてきたの君らだけだよ!
はまりすぎてAM3:00を回った頃皆慌てて就寝。
たけのこくんは起き続けてそのままコピー本作成。

▼冬コミ3日目 12月31日
起床し、支度を整え会場へ。
自分は赤人のスペースで売り子のお手伝い。
絶え間なく人がきたー!
場所を離れる余裕がないのは初めて。
挨拶にいけなかった方々、次は必ず、、、!
スペースの前を発酵さんが横切っていったので
追いかけて話しかけたら
「なにそのテカテカ!」と期待通りの反応。
友達のスペースで買い物したら
たまたまそこにいたかなめさんに
お友達価格として10倍の額を請求される。
おかしい!

そんなこんなで冬コミ71最終日終了。
コミケ創設者米澤様に黙祷を捧げつつがなく終了。
今年もありがとうございました!

終了後、赤人、たけのこと別れ、
FBC、ピアイ才兄弟、にわちょさん、発酵さんと
合流し、家の近所の飲み屋でお疲れ&大晦日会。
オモーチャ買って! ないyo!
イヨォォオオオオッ
ダタラタータラダータンター(わぅわぅわぅ)ダッターンダタン! こんなかんじ。

飲み終わった帰り、にわちょさん以外の四人が
人目をはばからず奇行に走る。
通りかかった公園にいたねーちゃんが
笑いをこらえていた。かわいかった。

発酵さんを見送って
FBC兄弟がランブルローズを起動しはじめた頃、
自分は力尽きてこたつで場眠。
そうこうしてる内にたけのこが
むらたたいちくんを連れて帰宅。
新年を迎えました。

▼元旦誕生日 1月1日
あけましておめでとうございます。
みんなから誕生日を祝ってもらいました ヽ(´∀`)ノ
ダラダラとしつつ、FBCさん&ピアイ才さんを空港まで見送り、
にわちょさんを品川まで見送り、
再び家でたけのこ、むらたたいち、Dの三人でダラダラと
テレビを見てすごし、たけのこを見送りついでに全員解散。

一年間ありがとうございました!
みなさん今年も宜しくお願いいたします!

PS
今回コピーになった本は(うかってたら)COMIC1で雪辱を、、、!
[PR]
by dancingflower | 2007-01-07 21:00
近況。
お久しぶりです、
チャゲアスがマイブームのDSKEです。
フェイバリットナンバーは万里の河とモーニングムーン。

微妙に仕事が忙しいのかもしれない。
でもこの調子でガツガツすすんでいきたい。
しかし最近体調が崩れがちなのだ。

冬コミに受かってしまった。
現在作成中。どこまで盛り込めるか?
詳細は追ってTOPページで公開します。
TOPページの更新は実に約一年ぶり。なまけすぎ。

▼映画:
父親達の星条旗
デスノート後編

▼まんが:
未来日記(2)
皇国の守護者(4)
のだめカンタービレ(16)
蔵人(1、2)
あいこら(5)
仮面ライダーSPIRITs(11)

▼小説:
零崎軋識の人間ノック
化物語(上)

▼その他本
成功学キャラ教授4000万円得する本

▼音楽
ASIAN KUNG-FU GENERATION 或る街の群青

▼ゲーム
ポケットモンスターダイヤモンド:現在チャンピオンリーグ挑戦中
つよきす:乙女さんでFA
Fate:いまさらはじめる

▼テレビ
仮面ライダーカブト:
 パーフェクトゼクターいらない
 兄弟おもしろす
ウルトラマンメビウス:展開熱すぎ
魔弾戦記リュウケンドー:フックン登場
武装錬金:わりとみのがしがち
[PR]
by dancingflower | 2006-12-02 19:53
ファンタシースターユニバース。
ひさびさのゲームネタ。

いろいろ書こうとおもって書きまくったが
うっかりたっぷり書いた日記が消えたので
気力霧散orz...

ゲームキューブのPSO以来だわー。
まちにまってた。面白い。

                         以  上



ところで最近友人から「痴漢男」の漫画のサイトをおしえてもらって
それに大ハマリしてるわけです。

「痴漢男」というのはピンときた人もいるでしょうが
所謂「電車男」的なノリで始まった、ネット発の出来事の記録です。
それをとある方が漫画としてまとめたという。
しかしこの痴漢男、前述の電車男とにたようなもんだと思ったら大マチガイ。
かなり神がかった、それでいて生々しい展開が待っています。
ちょっと下ネタもありますが、
興味を持った方は是非ご一読を。
おれ読んでてなんかこう、ね、胸が、ね、、、目が、ね、、、

元ネタ自体は結構古いので、
既に書籍化されたり映画化されてたようですが
それはまぁ無視の方向で。


■痴漢男漫画サイト

■からくり工房

■第四十工房

■痴漢男まとめサイト
 本人(痴漢男)の暴走とその文の饒舌さもさることながら
 それに対するスレ住人の突っ込みが強烈におもしろいです。


まだ二十歳そこそこでこんだけ描けるのは正直うらやましいなぁ。
いや実際トシってのはあんま関係ないんですけどね。
この方は漫画家目指してるらしいです。超たのしみ!
[PR]
by dancingflower | 2006-10-15 06:39 | ゲーム
西尾維新とデスノートとxxxHOLiC。
みっつともダイスキなわけですが
そのダイスキな小説家の西尾維新さんがダイスキなまんが
「デスノート」と「xxxHOLiC」のノベライズをいたしましてですね。
もちろん両方かっておいしく読ませていただいたわけですが。
その片方xxxHOLiCのノベライズ「ランドルト環エアロゾル」を読んでて
感じたことなんですが、
なにが既視感かという程ではないのですが昔おれは
「これ」と非常に似たようでちょっと違うような思いをもったことがあるのです。
例を出すと
≪自分の認識しているものは自分しか認識できておらず、他人から見た場合は自分の認識した【ソレ】とは別の【ソレ】が他人に認識されている。つまり世界は自分の意識下でしか展開していない≫
すこし分かり易く言えば
≪おれが今【赤】と認識しているこの色は、隣に座っているこいつが認識している【赤】と同じ色なんだろうか?ひょっとしたらこいつにとっての【赤色】はおれにとっての【緑】なのでは?≫
みたいな。
≪今世界は自分の視界に広がっている分しかなくて、実はゲーム画面にうつるポリゴンのように裏側はなんもない虚無空間なのではないか?音はただその広がっている世界からズレない程度にSEのように流れているだけではないのか?≫
のような。

戯言世界風にいえば「世界広大狭窄論」とか
「無限に広がる大宇宙、ただし今自分が向いている方向だけ!」
「目の前に広がるのはとーっても広くとーっても綺麗な丘ととーっても巨大でとーってもローマンティックなお城!ただし全部ハリボテ!」
みたいなっ。

映画「マトリックス」にも微妙に似てるかもしれないですね。

高校の時にサターンやPSで「ポリゴン」の概念を知って特に強く感じたワケですよ。
「人為的に擬似的だが現実的な空間の構築が可能ということは、ある種先の考えがまかり通るのではないか」と。
まぁしかしソレを証明する証拠も根拠も意味もなければ、肯定する要素も意義も意味もないし、かといって否定する理由も論拠も意味もあるかといえばないんですよね。
それにだれかに真顔でいったとしてもおそらくキ○ガイか変人、
下手すりゃ陰で「パラノってるぜアイツ」と後ろ指を指されかねません。のであんまし言わなかったわけだけど。
といいつつも親しい人間になら一度二度は話したことがあると思うのですが、わりと共感を得られた記憶があるのですよ。
おれの≪認識≫違いでなければですが。

話の最初に出しましたがxxxHOLiCという作品自体がそうだし、
これがこの作品を好きな理由なのですが、
「自分が≪ある≫と感じたならば≪ある≫のだし、そうで≪ない≫のならば、≪ない≫。」
「世界は知らない者の前ではひとつで≪ある≫けれど、それを知る者の前ではひとつでは≪ない≫」
という言葉がしょっちゅう出ます。
たしか前述文の初出はすげーふるい読み物だと思う。
いや幼少の頃の妄想の記憶か、既視感か?
ともかくこの言葉だいすき。
なんかパラドックス。なんか妄想。
これはその端的な一例かもしれないな、とそういうことでした。

まぁ真偽の程等は放っておいて真面目に考えず
「こーいう考え方も≪ある≫んだね」
「話のタネにならなくは≪ない≫かも」くらいの
余裕≪ある≫大人の≪認識≫でお願いしますよ読んだ方々。
ねー ( ´∀`)人(´∀` )
[PR]
by dancingflower | 2006-08-11 03:32
xxxHOLiC。
CLANPさん原作のxxxHOLiCがアニメ化したわけです。
おれのだいすきなまんががアニメになったわけです。
いや、映画なら去年あったけど。

しかし第一話みた限りでは
まんがのあの雰囲気に遠く及ばないなぁ。
というかんじだった。
スタッフとか攻殻機動隊の作画カントクとかそろっててすげーんだけどなぁ。
でも映画のやつはみたことないのでそっちはそのうちにかおう。
ところでテーマ曲が映画に引き続き今回も
だいすきスガシカオさまですよ。
これはほんとにいい雰囲気だ というかマッチしてる。

とりあえずアニメしかしらないという人は
まんがよめ
といいたい。
まじで。
[PR]
by dancingflower | 2006-04-09 08:26
ハチミツとクローバー。
こないだたまたまテレビをつけたら
アニメの「ハチミツとクローバー」(以下ハチクロ)をやってたんですが。
これがまた異様にイイ出来具合で。
しかもストーリー途中からみてるなのにおもしろいもんなので、
友人と食い入るように観ておりました。

観終わったアト
「コレは買いやな!!(゚∀゚)=3」
と双方興奮。

翌日

友人がその「ハチクロ」コミックス全巻を買ってきました。
e0035856_19491098.jpg読み出すヤツ。止まらず黙々読み続ける。
5分置きに爆笑しながら。

おれも追って読み出す。
やばいコレとまんねぇ。

DVDはもうすぐ一巻はつばいかぁー
たのしみ。
[PR]
by dancingflower | 2005-08-27 19:52 | テレビ・まんが